ウェディングドレスと小物

ご自身に合うウェディングドレスを選んだ後は、どのような小物を身につけるかという事を考えなければいけません。もちろん、ドレスだけでも十分に綺麗なのですが、小物は綺麗さを後押ししてくれます。髪に付ける小物としてはヘッドドレスです。これはボンネやティアラ、クラウンなど種類がありますが、ヘアスタイルとの相性が肝心なので、好みを見つけた後にヘアメイクの方に相談されるのが良いです。また、花嫁といえばベールは欠かせません。特に教会式である場合には一般的で高さや位置などが肝心です。

ほかにもネックレスやブレスレット、パールやコサージュなどのアクセサリーや、ドレスと合わせるグローブ、靴やパニエといったものも身につけると綺麗になります。 ウエディングドレスと小物を合わせるとより一層見栄えが良くなったり、ドレスのボリュームが変わったりといった効果があるのです。ただ、好みの物ばかり選んで相性を考えなければせっかくのドレス姿に影響が出てしまいます。

もし、ご自身でどの小物を選べば良いかわからない場合にはメイクさんに相談するようにしておけば、ほとんど失敗する事はありません。また、小物を選ぶのはドレスを選ぶ段階で、同じく小物もどのような物にするか想像しておくと、後になって選ぶのに迷うような事は無くなってきます。また、表には見えませんが、ドレスの中には花嫁インナーと呼ばれる下着を身につける事も体型を補整するので大切となるでしょう。


○推薦リンク
京都で結婚式を挙げようと思っている方におすすめのサイトです → 京都 結婚式